生漢煎

MENU

生漢煎の味はほんとにまずい?苦手だったらどうする?オブラートを使ってみたらどうなのかまでご紹介!

生漢煎の味はどんな味?徹底的に調査しました!

生漢煎の味はいったいどんな味なのでしょうか?長く続けたいので買う前に色々な口コミから調査してみました。

 

生漢煎の味はどんな味?

 

味といえば、やはり漢方薬なので、漢方薬独特の味はします。

 

ただ、とても苦くて飲めない!

 

というような味ではありませんので安心してください。

 

 

ただ、漢方薬によっても味は違いますが、漢方薬の味より香りを嗅いただけでも苦手意識を持っている方には少しきついかもしれません。

 

私の場合は以前飲んだ違う漢方薬の味が強烈だったので、逆にこの味は飲みやすく感じました。

 

特に、苦さはそんなに感じませんでしたので、味が苦手かも…。

 

そんな方でも飲み続ければ慣れるのではないでしょうか?

 

生薬の味や香りは、それだけ効果があるというとらえ方も出来ます。

 

漢方薬の味が大好き!という方はそんなにいないとは思いますが、それでも飲み続ける価値のあるものだと思います。

 

 

生漢煎はまずいって皆そう思ってる?素朴な疑問が浮かんだので調べてみました!

生漢煎がまずい!という口コミを見たので本当に皆がそう思っているのかを色んな口コミから調べてみたので参考にされて下さい。

 

生漢煎はまずいの〜?

 

生漢煎の味がまずいという口コミを見て、本当にまずいのか?

 

まずいなら飲み続けることなんて出来ない!

 

そんな疑問を持たれた方もいると思います。

 

実際にまずいのは飲み続けられないですよね。

 

結果的にいえば…。

 

まずいわけではないけど、美味しくはない。

 

理由は、やはり漢方薬に使用されている生薬の独特の味や香りがあるからです。

 

生薬の香りがすごく好きでたまらないという方は口コミから見てもほとんどいませんでした。

 

逆にまずいというよりも、香りが苦手という方の方が多く感じます。

 

 

ただ、まずくて続けられなかったという方は、本当にごく一部です。

 

まずいと言っても、飲み続けることが出来るくらいの味なんですね。

 

 

逆に、他の漢方薬を飲んだことがある方はまずいとかの抵抗もなく飲み続けていることが多いです。

 

 

生漢煎はオブラートで包んでも大丈夫?失敗しないやり方を伝授します!

生漢煎をオブラートで包んだら飲みやすいんじゃない?そう思って失敗しない包み方を調べてみました!

 

生漢煎をオブラートで上手く包むには?

 

どうしても、味も香りも苦手という方や、粉のタイプを飲むのが苦手という方も中にはいると思います。

 

それでも試してみたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

そんな方のために、オブラートに包んで飲むということを実際にやってみました!

 

ただ、あまりにも適当にオブラートで包むと中から粉がこぼれて味と香りが口に広がってしまいます。

 

そこで、オブラートで失敗しない方法をご紹介します!

 

 

【オブラートの包み方】
(1) オブラートの中央に粉をのせる。

 

(2) オブラートの端から中央に集めてぎゅっとねじる

 

(3) ねじったオブラートをスプーンの上にのせてお水を少量入れたお皿に浸す。

 

(4) 水を含ませたらやさしく出してゼリー状になったオブラートをそのまま口に入れる。

 

そうすると、つるんと口の中に入るので飲みやすいです。

 

ただ、ぎゅっとオブラートを包む時には、あまりにもぎゅ〜っ!としすぎるのもよくないので程々に。

 

実際、折り目をつけて包むだけでも水をすぐ飲めば大丈夫ですが、舌にぺとっとなる時もあるので、どうしても失敗したくない方は参考にされて下さいね。