生漢煎の飲み方と飲むタイミングをまとめました!

 

また飲み忘れたらどうするのかもお伝えします!

 

生漢煎の飲み方と注意したいこと

生漢煎の飲み方と注意することをお伝えします。
生漢煎の飲み方

 

生漢煎の飲み方、基本的には

  • 1日3回(朝・昼・夜)
  • 1回1包
  • 食前または食間
  • 水・白湯

となっています。

 

食前は、食事の直前、食間は前の食事から2〜3時間後です。

 

生漢煎の飲み方はこれが基本ですが、飲み物は何でもよいわけではありません。

 

お茶やコーヒーなどで飲んでしまう方もいると思うのですが、これは NGです。

 

お茶やコーヒーに含まれるカフェインの影響で、働きが強くなりすぎるケースがあるようです。

 

またお酒と飲む、もしくはお酒を飲んだ後に飲むというのも控えた方が良いです。

 

お酒も働きが強くなるか弱くなるか、どちらにしてもおすすめではありません。

 

じゃぁ、ジュースや牛乳、スポーツドリンクは?というと、これも吸収が悪くなる可能性があります。

 

生漢煎の飲み方の基本通り、水か白湯がベストです。

 

生漢煎の飲み方で注意してほしいことがあります。

 

下剤と一緒に飲まないでください。

 

便秘改善に効果があるため、下剤と一緒に飲んでしまうと強く作用してしまう事があります。

 

十分便秘の改善はできるので、服用は避けましょう。

 

もう1つ、早く痩せたいからといって大量に飲むのもNGです。

 

生漢煎の飲み方の基本、1回1包、1日3回は守ってください。

 

焦って大量に飲んでも身体に悪いだけですので、避けてください。

 

 

生漢煎を飲むタイミングで効き目が変わる!?

生漢煎を飲むタイミングで、効果が変わる…らしい。
生漢煎の飲むタイミング

 

飲み方の基本が分かったら、次は生漢煎の飲むタイミング。(笑)

 

基本では食事の直前、もしくは食間(前の食事から2〜3時間後)です。

 

生漢煎の飲むタイミングとしてはこれを守っていれば十分です。

 

ですが、やはり↓のような疑問は起きてきますよね?

  • 寝る前に飲んでもいいの?
  • 食後でもいいの?
  • 食前といってもどのくらい直前?

 

ということで、この疑問を解決しつつ、生漢煎を飲むタイミングによって、効果が違うのかをお伝えします。

 

寝る前に飲む

このタイミングで飲むのは、OKです。

 

寝る前に飲む方が効果の実感が良いとの口コミもあります。

 

寝る前に飲むと、寝ている間にデトックス効果があり、翌朝便通が良くなると言われています。

 

ですが、夕飯を食べてから2時間以内に寝る場合には、あまり効果がありません。

 

食後

食後は、食事で食べたものの消化中のため、生薬の効果を消してしまう可能性があります。

 

忘れたからといって食後すぐに飲むのではなく、次の食事との合間に飲みましょう。

 

食前ってどのくらい?

食事前とはいっても、本当に「いただきます!」の直前なのか、もうちょっと前なのかなんて細かいことを気にする方もいるかと思います。

 

食前というのは30分ほど前という事です。

 

生漢煎を飲むタイミングを気にする気持ちもわかりますが、それよりは上のセクションで書いた飲み方を守り続けていく事が一番です。

 

生漢煎を飲み忘れました!の時にどうするのか!?

生漢煎を飲み忘れたら?
生漢煎飲み忘れた

 

食事前に生漢煎を飲み忘れちゃった!という時、慌ててすぐ、食事中に飲むのは避けてください。

 

上のセクションでも書きましたが、食後は消化中のため効果が半減してしまいます。

 

食事中も同じです。

 

食事前に生漢煎を飲み忘れたら、次の食事の2〜3時間前の食間に飲むようにしてください。

 

1日3回が基本なのですが、生漢煎を飲み忘れて1日2回になってしまいそうでも、その時は諦めてください。

 

無理して2本飲むのはNGです。

 

胃が荒れたり、体調を崩す可能性があります。

 

この生漢煎の飲み忘れが1日の中でなら、効果というのはさほど変わりはありませんが…

 

何日も生漢煎を飲み忘れているという場合は、便通改善などの効果は半減どころかほぼないです。

 

そもそも時々しか飲まない、忘れてばっかりいるというのは痩せる気がないという事です。

 

何日も忘れるようであれば、まずは生漢煎を飲み忘れない習慣をつけることを心掛けてください。

 

外食であっても同じです。

 

忘れずに30分前に飲むようにしてください。

 

飲み方や飲むタイミングも大切ですが、継続していく事が一番大切です。

 

基本の飲み方・飲むタイミングを前提として、便秘の改善やダイエットの効果が期待できます。

 

 

サプリメントではなく、薬ですから効果はかなり期待できますが、無理なダイエットは禁物です。

 

早く痩せたいからと多く飲んだり、過剰な食事制限をすると健康を害する可能性も出てきます。

 

もし痩せることができたとしても、のちのちリバウンドしてしまう事もあります。

 

運動なしに痩せようという考えも甘いです。(笑)

 

きつい運動の必要はありませんが、普段体を動かす習慣がない人は日常のちょっとした事から始めてみてください。

 

最初はつらくても体がそのうち慣れてきます。

 

飲み方や飲むタイミングを気にするよりも、続けるというのが何よりも大切です。

 

痩せたからといって辞めてしまうと身体はすぐに元に戻ります。

 

しばらくは飲み続けてください。

 

痩せた自分をイメージし、焦らず日々の自分の体調管理、食事のカロリー制限、運動をしながら続けてください。